見逃し厳禁!!

PayPayからポイントやクーポンがザクザクもらえる超お得な新サービス「PayPayグルメ」が始まります!2021年10月27日よりスタート!詳細チェックはこちらから⇒「PayPayグルメ登録必須!その場で使えるいろんなクーポンやお得情報が充実。

EVENTS

金澤翔子書展|西区入野町の龍雲寺にて開催!9月23日〜10月3日まで

龍雲寺の世界一大きい般若心境

芸術の秋に、書の鑑賞はいかがでしょうか?! 西区入野町の龍雲寺で、金澤翔子書展が開催されます!

新作含む50作品の展示は、今年最大規模の展覧会です。

金澤翔子書展概要

開催期間 2021年9月23日(木) ~ 10月3日(日)
開場時間 9:30 ~ 17:00 (最終入場16:30)
入場料 無料 ( お賽銭箱にお気持ちを入れてください)
住所 龍雲寺 浜松市西区入野町4702-14
電話番号 053-447-1231
アクセス ・バス 浜松駅5番のりば
20番宇布見山崎行 18分乗車『矢田坂』下車 徒歩3分
駐車場 イオン浜松西店駐車場(徒歩5分)をご利用ください。
お寺にも駐車場はありますが、限りがある為、イオンに駐車ください。
公式ホームページ 龍雲寺
公式SNS Instagram
コロナウイルス感染対策について ⚫︎本人来場を含むイベントは行いません。
⚫︎マスクを着用してお越しください。
⚫︎換気を十分に行なっています。
⚫︎入場規制を行う場合があります。

金澤翔子さんのご紹介

金澤翔子さんは、ダウン症の書家。母の師事で5歳から書を始め、障害がありながらも、ご本人の努力と周りの方々のサポートにより、日本を代表する書家となりました。

金澤さんと龍雲寺のご住職と家族ぐるみのご縁があり、2017年から書展が開催されるようになったそうです。昨年はコロナウイルス感染拡大により中止となりましたが、今年は開催されることになりました。

コロナ対策として、サイン会などのイベントは行われませんが、新作含む50作品を鑑賞することができます。

金澤翔子さん書展のパンフレット

西区入野町にある龍雲寺

龍雲寺は、臨済宗妙心寺派の寺院。佐鳴湖畔の境内は、なんと9千坪もあるそうです。

平成の小堀遠州と称される庭師、北山安夫氏による庭園も見事です。

西区入野町の龍雲寺

龍雲寺の庭

龍雲寺には、地獄極楽図が展示されています。死後の世界を分かりやすく描かれていて、初七日、四十九日法要などについても詳しく解説されており、改めてその意味を理解することができました。

龍雲寺の地獄極楽図

平成29年には金澤祥子さんの「世界一大きい般若心経」が奉納・常設展示されました。縦4m×横16mの般若心経は圧巻!

庭園も書画も、いつでも拝観可能です。

龍雲寺の世界一大きい般若心境

龍雲寺の金澤翔子さんの書

2019年開催時の様子

2019年に伺ったときの作品の数々です。

金澤翔子さんの書は、とても力強く、見る人の心に深く訴えるものがあります。

本堂や廊下、お寺の室内至る所に作品が展示され、龍雲寺の清々しい凛とした雰囲気と作品が見事に融合し、なんとも贅沢な時間を過ごすことができました。

今年はどのような作品が並ぶのでしょうか。楽しみです!

金澤翔子さんの書「天上天下唯我独尊」

金澤翔子さんの書「美しき心」

金澤翔子さんの書「感謝」

金澤翔子さんの書「一陽来復」

まとめ

金澤翔子さんの作品を浜松で、しかも無料で見ることができるのは、とても貴重な機会です。

ただし、拝観料・入場料無料のため、毎年赤字運営となっているそう。毎年書展を継続できるよう、お賽銭箱に気持ちを入れてきましょう。

2011年の東日本大震災後に発表された代表作「共に生きる」を、京都の建仁寺の書展で拝見しました。その時、強く心を揺さぶられ、しばらくその場を離れることができないほどの感動を覚えました。

皆さんもぜひ、実際に金澤翔子さんの作品をゆっくり鑑賞し、お気に入りの作品を見つけてきてくださいね!



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

さんさん

食べること、料理、旅行が大好きです。その他、茶道・神社巡りもしています。世界中、美味しいものを食べ歩きをして、皆さんに紹介するのが夢です!

-EVENTS
-

© 2021 COCOHAMA