カフェ 新規OPEN

喫茶アイボリー|中田島砂丘へ行ったら必ず寄りたいレトロな喫茶店

喫茶アイボリー カスタードプリンとカプチーノ

浜松市南区の喫茶アイボリー。

パティシエ経験のある店長の佐藤さんが2021年1月にオープンしたお店です。

お店の場所は元々、「愛慕里(アイボリー)」というスナック喫茶のあった場所。

「喫茶アイボリー」と店名を漢字からカタカナに変更し、名前はそのままでオープンされました。

喫茶アイボリーのアクセス、駐車場、営業時間

住所 静岡県浜松市南区中田島町1595−4
電話番号 053-441-5335
営業時間 11:00〜17:00(LO16:30)
定休日 水曜日
駐車場 あり(4台)
SNS Instagram

レトロ感の強い印象的な内観

喫茶アイボリーは中田島砂丘から徒歩圏内の場所にあるレトロな喫茶店。

喫茶アイボリー外観

元々地元の方々に愛されたスナック喫茶のあった場所で、当時からのお客様も懐かしんで来店されているそうです。

喫茶アイボリー内観

喫茶アイボリー内観

店内にあるアイテムは実はほとんどがスナック喫茶時代からのもの。

喫茶アイボリー 内観

喫茶アイボリー

スナック喫茶は3年間閉まっていたにも関わらず、内観は驚くほど綺麗に残されていたそうです。

このレトロな雰囲気が気に入り、喫茶アイボリーをオープンすることを即決されたそうです。

喫茶アイボリーのメニュー

こちらが喫茶アイボリーのメニューです。

喫茶アイボリー メニュー

喫茶アイボリー メニュー

全てのメニューがお店の雰囲気にあったもの。

昔ながらの定番のドリンクと食欲をそそるフード・デザートメニューはどれも魅力的です。

喫茶アイボリーの人気メニューをいただいてみた

どのメニューもそそりますが、せっかくなので店長さんおすすめのメニューをいただきました。

今回頂いたのは以下のメニューです。

メニュー

  • ミックスフライ定食:¥1,600
  • カスタードプリン:¥400
  • カプチーノ:¥600

喫茶アイボリー ミックスフライ定食

全て地場の食材にこだわったミックスフライ定食。

三河産の天然海老に目光、天竜産の椎茸。ポテトサラダは三方原のジャガイモ、サラダの葉物も地場の朝取れの物を店長さん自らが市場へ買い付けに行ったもの。

さらに、自家製のタルタルソースに使う柑橘類も浜松産。サラダに使われている胡麻ドレッシングも自ら胡麻をすって作ったもの。

手の込みようがとんでもないミックスフライ定食です。

喫茶アイボリー ミックスフライ定食

喫茶アイボリー ミックスフライ定食

喫茶アイボリー ミックスフライ定食

かなりボリュームのあるミックスフライに見えますが、食べてみると食材が良いせいか油っこさが感じられず、あっさり食べられました。

ミックスフライの内容はその時期の旬の食材が使われます。

内容が変わっても食べたいと思える定食でした。

喫茶アイボリーらしいドリンクとデザート

こちらはデザートのカスタードプリン。

喫茶アイボリー カスタードプリン

お店の雰囲気に合わせた昔ながらの硬めの食感のプリン。喫茶アイボリーで食べるからこそ、より美味しさを感じられる味です。

喫茶アイボリー カスタードプリン

ちなみに、プリンは意外と男性の方が頼まれることが多いそうで、女性のお客様はガトーショコラを注文されることが多いそう。

次はぜひガトーショコラを注文してみたいです。

ドリンクは店長さんがラテアートしたカプチーノ。

カスタードプリントとも相性抜群のドリンクでした。

喫茶アイボリー カプチーノ

喫茶アイボリー カスタードプリンとカプチーノ

喫茶アイボリーの店長 佐藤さん

パティシエ経験のある店長の佐藤さん。

お店の看板となっているカスタードプリンやカプチーノは佐藤さんが作っているものです。

喫茶アイボリー店長佐藤さん

喫茶アイボリーは2021年1月にできたお店。

新メニューや新たな取り組みが今後も楽しみなお店です!

まとめ

レトロな雰囲気漂う喫茶アイボリー。

個人的には中田島砂丘へ行ったら必ず寄りたいお店です。

雰囲気ももちろん、フード・ドリンク・デザート全ておすすめ。

ぜひ一度行ってみてください!



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
そう

そう

11歳から22歳まで浜松在住。現在は愛知県の春日井市に住んでいます。ココハマでは主にカメラ担当。2015年に初めてWordPressを触りはじめて以来、これまで毎日触り続けています。個人で運営しているサイトは56万PVが最高。現在は写真動画の撮影とサイト運営をメインに活動しています。

-カフェ, 新規OPEN
-

© 2021 COCOHAMA