アウトドア

龍王権現の滝|天竜区佐久間町にある絶壁に囲まれた癒しの空間スポット!

龍王権現の滝_龍王淵

天竜区佐久間町にある知る人ぞ知る、癒し空間のスポット「龍王権現の滝」。

絶壁に囲まれた滝壺は、水量も多く迫力満点です。

道中の吊り橋も楽しめるので、おでかけスポットとしてもオススメですよ!

早速ご紹介しますね。

龍王権現の滝のアクセス

浜松市街から龍王権現の滝まで、車を使用してのアクセスは2通りあります。

1.東栄方面の三遠南信自動車道を北上

こちらの西ルートは、東名高速道路と繋がっている場所があるため有料区間もあります。しかし、道路幅も広く直進も多いため、スムーズな運転を楽しむことができますよ。

2.佐久間方面の天竜川を北上

こちらの東ルートは、天竜川をひたすら北上していきます。下道のみとなるため有料区間はありません。しかし、山道なためカーブも多く、場所によっては一部狭い道をとおります。

ただ、自然をダイレクトに感じることができるルートになっていますので、四季を感じながらドライブを楽しみたい人にはオススメです。

龍王権現の滝_道のり

今回は、佐久間方面の天竜川を北上するルートから、龍王権現の滝に向かいたいと思います。

まずは、最初の大きな分岐点として、天竜区二俣地区を通る国道152号線を選択し、水窪方面に抜けましょう。

龍王権現の滝_道のり

その後、ひたすら天竜川沿いの国道152号線を北上していきます。しばらくすると、東栄・浦川地方へ抜ける道として国道473号線の看板が出てきますので、佐久間方面に向かうように、左に曲がりましょう。

龍王権現の滝_道のり

あとは、龍王権現の滝へと向かう山道に入っていきます。途中に飯田線の踏切を通りますよ。風情があっていいですね。

龍王権現の滝_道のり_踏切

ついに着きました!龍王権現の滝駐車場です。3台分の駐車スペースがあります。

龍王権現の滝_駐車場

 

龍王権現の滝までの道中はこんな感じ

こちらが遊歩道の入り口になります。案内板が目印になっています。

龍王権現の滝_案内板

案内板によると、10分ほどで河内川に着くとのこと。いざ、龍王権現の滝へ!

龍王権現の滝_案内板

遊歩道とは書いてあるものの、かなりの急勾配な山道を歩きますよ。行かれる方は滑りにくい靴を履いていってくださいね。

龍王権現の滝_遊歩道

途中の小休止場所、帰り道には重宝しそうです。

龍王権現の滝_遊歩道

思っていたよりも急な斜面でびっくりしましたが、自然の山道を歩く楽しさを実感できます。

龍王権現の滝_遊歩道

吊り橋が見えてきました。河内川まで来ると広葉樹が植っているのを確認できます。紅葉時期に来ても楽しめそうですね。

龍王権現の滝_遊歩道

どこかエモさを感じる吊り橋です。揺れを感じやすい吊り橋なためか、一人ずつ渡るようにと注意書きがしてあります。

龍王権現の滝_遊歩道_吊り橋

吊り橋から見た景色も素敵ですね。

龍王権現の滝_遊歩道_吊り橋景色

橋を渡ると、直近に河内川の清流を眺めることができます。ここまでくると滝壺に流れる滝の音が聞こえてきますよ。

龍王権現の滝_川の景色

ついに到着です!すごい迫力。大量の滝の水を打ち付ける音に圧倒されます。

龍王権現の滝_龍王淵

龍王権現の滝の見どころ

自然林におおわれ、高さ120メートルの絶壁に佇む龍王権現の滝。水量豊かで、水しぶきを上げるとても豪快な滝となっています。

マイナスイオンたっぷり浴びて、時間を忘れて癒されちゃいました。

龍王権現の滝_龍王淵

また、滝だけでなく、川沿いの遊歩道からは、川岸にアクセスすることもできて、透き通った水の河内川の自然を満喫できるのも嬉しいです。

龍王権現の滝_川の景色

他にも、趣ある吊り橋では、ちょっとしたアトラクション並みにワクワクを体験することができるのは楽しいですよ。

龍王権現の滝_遊歩道_吊り橋

龍王権現の滝と一緒に楽しみたい周辺スポット

一緒に楽しみたい周辺スポットとして、まずは、佐久間方面の天竜川を北上するルートからご紹介します。

道の駅 天竜相津花桃の里

道の駅である花桃の里は、浜松市外から車で約1時間ほどの所にあります。なので、時間的にも距離的にも、小休止の場所としてオススメです。

龍王権現の滝_道の駅

また、店内は食事処としても利用できるので、ランチをしたい時などもお出かけついでに立ち寄ることもできて嬉しいですね。

龍王権現の滝_道の駅

他にも、地元天竜の木工品や天竜茶などお土産に良さそうな品物も多数揃えてありました。覗くだけでも楽しめそうです。

龍王権現の滝_道の駅

次に、一緒に楽しみたい周辺スポットとして、東栄方面の三遠南信自動車道を北上するルートからご紹介します。

山里食処 あい川

こちらの食事処では、近くに流れる川を眺めながら食事をすることができます。自然に囲まれた中でランチを楽しむのにオススメです。

山里食処_あい川

1,000円ランチメニューは、Aランチが肉料理、Bランチが魚料理となってます。

山里食処_あい川_メニュー

店内は、テーブル席や座敷席、テラス席もありますよ。ランチを頼めばドリンクバーがついています。基本はセルフサービスです。

山里食処_あい川_店内

テラス席では、相川のせせらぎを聞きながら、のんびりとした時間を過ごすことができます。

山里食処_あい川_店内

出てきてびっくり!ボリューム満点ランチです。これで1,000円なのが驚きのコスパ。しかもデザートまで付いていますよ。

お腹いっぱいいただきました!ごちそうさまです。

山里食処_あい川_ランチ

まとめ

急勾配の山道を抜け、趣のある吊り橋を渡り、川のせせらぎを身近で感じながら、大迫力の滝にたどり着く。

龍王権現の滝はもちろんのこと、たどり着くまでの道のりも、色々と楽しめるお出かけスポットでした。

絶壁に囲まれた龍王淵では、豪快な滝からの水しぶきをマイナスイオンとともに感じ、大自然を満喫できました。

ぜひ、興味のある方は、これからの行楽シーズンのお出かけにいかがでしょうか?



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-アウトドア